目的に応じた貸切バスの選び方

大人数でお出かけをする際には、貸切バスを利用するといった方法があります。しかし貸切バスと一口に言ってもバスの種類は様々で、どのようなバスが良いのかで悩んだときには、人数や目的地などに合わせながら考えていきましょう。最も少人数で利用できるのはミニバスというものになります。こちらは13人まで乗ることができ、さらに後ろの後部座席を跳ね上げることによって、荷物を置くスペースを作ることもできます。またミニバスよりもさらに小さなジャンボタクシーをレンタルすることができる会社もあり、こちらの場合には9人までの乗車が可能となっています。

ミニバスやジャンボタクシーは車椅子でもそのまま乗車することができる「福祉車両タイプ」もあるので、ご家族の中に車椅子を利用する方がいても安心です。こちらはバス会社によって扱いが違うので、まずは問い合わせてみるとよいでしょう。20人ほどのお出かけであれば、マイクロバスがベストといえるでしょう。マイクロバスは普通免許で運転することができるため特に大型免許などは必要ありません。運転士さんもお願いする必要がないので、自分たちで交代による運転をしながらお出かけすることができます。

さらに広々としたスペースが欲しいという方や、本格的な貸切バスでお出かけしたいという方には小型バスがお勧めです。こちらは25人までが乗車できるようになっています。もっと大人数になってくると27人まで乗れる中型バスや45人まで乗れる大型バスがあります。中型や大型バスの場合には大型免許を持つ運転士が必要となるケースが多いため、料金も若干高くなってくるでしょう。ただし、大型バスは旅行会社が行っているツアーと同じように本当に大きくて豪華なバスでお出かけすることになりますので、ゆったりと座りながら貸切バスの中でカラオケを楽しんだりゲームを楽しんだりすることができます。

少し疲れてしまった時でも広々とした座席で横になったりすることもできるでしょう。また、トータルで49席+補助席が10席ついている大型ロングの貸切バスもありますが、こちらは席と席の間がとても狭いので窮屈に感じてしまいます。最大でも45人までの人数で大型バスを選んだ方が良いでしょう。中型バスや大型バスであれば、荷物を載せるためにトランクルームなどもありますので、座席に荷物を置く必要がありません。また人数や目的地によってどのバスが良いのかと悩んだときには、直接バス会社に連絡を入れて相談してみるのも一つの方法となります。人数が少なくても小さな貸切バスで遠くまで出かけることになると、窮屈に感じてしまい体が疲れることも多くなります。そのため、ある程度は座席に余裕を持つため、少し大きめのバスを利用するといった方法などもあります。